トレーニング

【筋トレ初心者必見】プロテインってなぜ必要?種類と目的別選び方

筋トレにおいてもはや常識となっている筋肉=プロテインの図式。
筋トレ初心者にとっては「いまさら聞きにくいけど、ぶっちゃけプロテインって必要なの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

モリモリ筋肉をつけたいわけでもないし…
種類がたくさんあってどれが自分に合っているのかわからないし…
お金もかけたくないし…

このもやもやを解決します。
結論から言ってしまいますと、プロテインは飲んだ方がいいです。

この記事を読むことで

  • なぜプロテインが必要なのか
  • どのような種類があって
  • 何を選べばいいのか

を知ることができ、小さなもやもやを取りはらうことができます。
これまでよりもっとトレーニングに集中できるようになるはずです!

プロテインとは?

プロテインとはたんぱく質のことです。
タンパク質は3大栄養素のうちの一つで、身体にとってなくてはならないものです。
筋肉だけでなく骨・血液・皮膚など全身を構成しています。

プロテインはなぜ必要?

栄養補給が不足してしまうと、筋肉は成長することができません。
それだけでなく、エネルギー代謝のために筋細胞の栄養を犠牲にして、どんどん小さくなっていきます。(カタボリック状態と言います。)

この状態を防ぐために、たんぱく質をたくさん補給してあげようというのが、プロテインを飲む目的です。

プロテインはダイエットにいい?

筋肉、筋肉言ってますが、多くの女性からすると
「筋肉とか興味ない。やせるって聞いたからやってるだけだし。」
という人もいますよね。

そんなダイエット至上主義の人でも、やっぱりプロテインは飲んだ方がいいです。
効率的に痩せるなら、筋肉をつけてエネルギー代謝率をUPさせるべきだからです。

プロテインの種類と目的別の選び方

プロテインの種類

プロテインは大きく分けるとホエイプロテインソイプロテインがあります。
他にもエッグ、ガゼインなどがあるのですが、プロのボディビルダーでもないかぎりあまり意識しなくてOKです。

プロテインの選び方

ホエイプロテイン筋肉を大きくしたい人向けです。
BCAAなどのアミノ酸も多く含まれており、修復力が高いです。
ソイプロテイン    消化に時間がかかり、腹持ちがいいのでダイエット向きです。
価格が低めなのもうれしいところ。

2つの特徴を活かして、朝食はソイプロテイン、筋トレ後はホエイプロテインと分けて使ってみるのもいいかもしれません。

どちらもさまざまなメーカーからさまざまな味のものが販売されています。
個人的には、味はかなり重要なポイントです。少しでもおいしくないと感じたら飲み続けることが苦痛になります。
新しく買うメーカーのものはお試しサイズから始めてみるといいですね。

個人的にお試しサイズが豊富なマイプロテインはおすすめです。

MYPROTEIN公式サイト

マイプロテインのフレーバーを紹介した記事も読んでみてください。↓

プラスで飲みたいサプリメント

BCAA

BCAAはBブランチドCチェインAアミノAアッシド(分岐鎖アミノ酸)の略です。
成分名だとバリン、ロイシン、イソロイシンというものです。

タンパク質をさらに細かく見てみると、アミノ酸が組み合わさってできています。
なのでアミノ酸というのも筋肉には大切なんですね。
BCAAはタンパク質の合成を促したり、カタボリックの時にエネルギーとなって筋肉の分解を防ぐはたらきがあると言われています。

EAA

こちらはEエッセンシャルアミノアッシド(必須アミノ酸)の略です。
必須アミノ酸は体の中で合成できないものです。
その必須アミノ酸9種類をいい感じに配合したのがEAAです

はじめはBCAAを飲んでいたのですが、EAAはバリン、ロイシン、イソロイシンを含んでいるので最近はずっとEAAを使っています。

クレアチン

筋瞬発力が高まるとされています。
筋トレのみであればあまり必要ないかもしれません。
スポーツをしている人におすすめです。

まとめ

プロテインは運動をする人にとって、なくてはならない栄養素です。
筋肉量を増やすためにプロテインを飲む習慣をつけましょう。

プロテインには大きく分けるとホエイとソイの2種類があり、ホエイは素早く吸収、ソイはゆっくり吸収されます。
目的やシーンによって選ぶと効果的です。

タンパク質は肉・魚・卵・牛乳などの乳製品・納豆などの大豆製品に多く含まれています。食事と運動のバランスに気をつけて、足りない分をプロテインでしっかり補いましょう!